似非ばいあす

深い意味があったりなかったり、少しあるようでやっぱり無かったり。

眠れない夜はベースを抱いて。

 

酒の勢いで文を打つ、ブログを更新する。そういうことってありがちな気がしない?ブログとか基本見ないけど多分あるあるだと思うんだ。

Twitterでも酔った勢いで意味の分からない呟きしちゃって、次の日の朝消しちゃったりさ?あるよね?ん?

ってな訳で勢いの更新だよ、内容なんて知らん。自分の発言に責任なんて持たねえよ!!!

 

昔話を一つしようかなと思う、我、往々にしてがきんちょの介ナリ。だから昔話だなんてひょいひょいと言っちゃう歳でも無いけれど兎に角学生時代の話だよ。高校時代に軽音部だったんだよ、この時点で察しろ。所謂黒歴史だよ「darker than black_訳:黒よりも暗い」だ。

(単純にdarker than blackってアニメが大好きなんだ、興味ある方は是非観て欲しい。特殊能力系スタイリッシュアクションアニメだ。

普通の特殊能力アニメと違って、能力者は常人離れした力を使役する代わりに何かしらの対価を支払わなければいけないという枷がある。ここが面白い、作品の大きな魅力になっている。空間転移の能力者は力を使った後、小石を綺麗に規則正しく並べなくちゃいけないという対価の行動パターンを抱えている。

その小石を並べる行為に意味なんて無い、ただ単に力を使った対価であって、理由も何も無い、が、やらなくてはいけない。この不思議な設定が世に溢れかえった特殊能力バトル物へ良いアクセントを加え一線を介す役割になっている。対価は喫煙や飲酒、歌う、ゆで卵を食べる、野草を食べる等、能力とは何ら一切関係の無いものばかり。他にも夜空に光る星が偽物だとかヘルズゲートだとか良く分からん設定もわんさか盛り盛りの盛りだけど、見れば分かる大丈夫取り敢えず格好良いから観よう、まじでお勧め、二期は無かった。後は頼んだよ。)

 

中学、高校、入学するときに抱えるワクワクや不安は沢山あるけれど学園生活の主を「部活」で占める方が多いと思う。実際自分もそうだった。

高校に入学し、中学から仲の良い奴と絡み、新しい友人もでき、今後豊かな学生生活をどう謳歌しようかと。そこはやっぱりと言うか必然と言うか、部活っしょ、と。期待に胸を膨らませて調子に乗り乗りまくったよね。知ってる。自分もそうだったから。

中学はだらだらと過ごしていたから高校では何をしようかと悩んでいた、演劇部があったら入りたいと軽い気持ちもあったが案の定無かった。もし、自分が通っていたあの高校に演劇部があったら人生変わっていたのかもしれないな?そう考えると感慨深くもない。別に変わんねーよ、大それた奴でも無いんだから、演劇舐めんな、知ってた。

って具合に入りたい部活第一候補が初っ端から候補にさえ上がることがなかった高校生活。いくつか見学してまわったりしたっけ?もう覚えてないっす。取り敢えずさっき書いたからもう良いじゃん、軽音部に入ったんだよ。話はそれだけだ。

諸君、運動部のマネージャーと軽音部の女は信用するな。チョコレート型の地雷だ。

 

ベースを買ったり、弦をベンベンしながら気取ってみたり、指弾きに憧れて爪の手入れをしてみたり、毎日のようにインディーズバンドを聴き漁りつつ流行りのバンドを貶す立派なサブカル音楽にわかオタクに成り果てた。男女が交わる自由度の高い部活はモチのロン色恋沙汰が発生する、した、必然的だった。破茶滅茶の滅茶だった。この滅茶についてブログを書こうと思って文を打ち始めたんだけど流石に眠くなってきましたね。この話はまたの機会に。

ちなみにベースを抱いて寝たことは一度もない、馬鹿重たいし弦は金属臭いから夜の相棒には向いていない。

 

 

 

 

 

 

おやすみ世界、fade-out。

 

ところで一時期Twitterで流行ってたおはよう世界/おやすみ世界ってなに…?

ツナギ的更新、内容が無いようってやつ

 

ブログの事をふと、急に、思い出したよね。そうなっちゃうと特に意味も無く書いちゃうよね。

 

最近の娯楽がアプリゲームかアプリゲーム、Twitterに犬と遊ぶ事。この四つだけになりつつある悲しい、いや、悲しくはないけれど充実感があるかどうかで言えば全力で無、皆無。 不満では無いけれど。

取り敢えずパッとしない日が続いてんだ。

 

だからブログ書こうにも書きたい事が無くてフォロワーさんからお題を頂いた。兎に角答えの無い深い話的なやつを、と。(意訳)

 

「答えの無い問題」でGoogle検索をかけたらばりばりのばり出てくる出てくる。すげぇ面白いかよ、特に気になったやつを一つご紹介。

 

[全宇宙的出来事]

: 昨夜、みんなが眠っている間に全宇宙にある全てのものが2倍の大きさになったとする。 何があったか知る方法はあるだろうか? 

だってさ。

水槽の脳とかに近い系統っすね、証明手段がないやつ。

 

………この時点で、即下書きに投げた、記事を書き始めて数日経った。

諦める、ごめん。話を面白く広げられる自信が無いです。

 

なんだか最近人狼とか荒野行動とか流行ってるし、それについて今度なんか書こうかな。オチも何もない、ツナギのブログ更新で御座います。

 

 

 

内容が無いようって、ここ笑うとこだから笑ってくれ?

 

 

 

 

 

 

 

聞き間違いではない、決して。

昨夜、深夜だよ深夜。24時回ってAM3時くらい。豆電で暗い部屋ん中テレビのチャンネルはNHK、特に観ることもなくただ流して自慢のiPhoneSEを触ってたんだ。

敢えて6でも7でもないSE、格好良いでしょ?このサイズ感ね、もうこれ以上大きいスマフォは認めていない。スマートじゃない、ただのフォンだよ板状電話通称ボードフォンと呼んでやる。

ボーダフォンみたいだね、覚えてますか?

 

それでだ、深夜3時過ぎテレビの音量は下げてるわけで外をたまに走る車の音も聞こえるくらい静かなんだ、それに自分って携帯の音控えめにするタイプじゃん?夜は静かにゆっくりしたいんだ。

酒飲みながらTwitterやらゲームアプリを触ってると、不意に外からチリンと音が聞こえた、風鈴の音が。夜中の3時、天気の良い夜。

だからどうしたって思うじゃん?自分の家に居て風鈴の音が聞こえた事って一度も無いんだ、昼間でも、今までこの家にいる間には風鈴の音なんて聞いた事ない。チリンと聞こえたのはその一度きり。

怖いとは違うけれど何の音なん……?てなったよね、確かにあれは風鈴の音なんだ、あるはずもないのにさ。仮に風鈴じゃなかったとしたらそれはそれで怖いっす

 

関係ないけど、物音もしてないのに愛犬がすっげぇ敵意剥き出しな勢いで外に向かって吠え出したりするのもちょっと怖かったり。

 

特に意味も無いそんなお話、夜は早く寝ないと駄目な。おばけ出ちゃうよ。

もう涼しいからそろそろ秋なのかもしれない、食欲止まらないし。麻婆丼美味い。

 

 

 

 

通ぶりたいやつ

通ぶりたい奴ってこいつ通だなぁとか思われたいわけ?分かってるなぁとか思われたりしちゃいたいわけか。そうなっちゃうと相手も通ぶってないと成り立たないけどな。興味ない奴には何を語ってもふーんはいはい鼻ほじほじだから。自分は相手に鼻ほじほじされる様な会話が得意です、我ながらウザいとは思ってる。ごめん。

ってな訳で、自分なりの「通」についてブログ書こうと思ったんだ。(Twitterのネタから影響受けたんだよ)

 

映画とか

サスペンスミステリが好きなんだ。

個人的にファニーゲームとes知ってる奴はお、良いじゃんお前ってなるわけ。けどそんな奴は大抵性格に難なりだろうから駄目だ。CUBEとか。一周してSAW無印は「通」なんじゃねとか思うわけでして。

これは観とけのラインナップでヒッチコック/サイコやらキューブリック/時計仕掛けのオレンジが良く挙げられるじゃん?観とけってのは分かるよ、半端ねえ名作だし。でもお前らあれ観て深い内容を考察して至高!!これぞ映画!!とか言うんだ…へぇ…って考えちゃうあたりが自分なりの「通」なんだよ、格好付けたいね。何に対しての格好付けなのか知らないけど。

皆、映画はズートピア観よう、幸せになるよ。

 

音楽とか

自分は邦バンドが好きなんです。バズマザーズね、山田氏、覚えてね。

音楽に関しては偏りまくりんぐだから何とも言えないけれど取り敢えず洋楽聞いてる奴は全員「通」ぶってるように見える。超偏見。洋楽詳しくないから俺普段洋楽しか聴かねぇとか言われたら悔しいの、ふぁっくおふ。

ナンバーガールは通だね、ロックだ。

取り敢えず自分は通とか置いといて音楽に関してはサブカル厨だから語る事ないや、鼻ほじ。インストバンド好きな奴は通っぽいかも、雰囲気格好良いもんね。

 

アニメとか

これはもう四畳半神話大系フリクリ、C、カイバ青の6号。これ観てるやつは通じゃん!!ナイスお前!!ってなるね、でもこのラインナップはにわかサブカルかよって叩かれるからこわい。アニメ映画は観なきゃ、イヴの時間とかパプリカとかさ。普通のアニメに飽きたら通ぶろうぜ。雰囲気アニメ最高。

 

小説とか

村上春樹?なんかもう最近小説とか読んでないし通とか知らん。以上。

 

 

………なんだか結局自分の底浅いなってなるだけだった。好きな作品は好きで良いんだよもう。通ってなんだよ、知らねえよばーか。

 

「…………」

夏なんだ。残暑。バリバリな残暑。

バリバリな残暑は最早暑いのが残っているとかそれどころじゃない真夏なの。

 

夏、ホラー良いね。

数日前に放送されてたほん怖を流し観たのだけれど、とある古い蔵に曰く付きの開かない箱がありますよ的な話で

完全になんかヤバいやつ入ってるじゃん、イケニエな手が入ってたじゃん。

結局あるあるな内容で終わって、あぁ自分はもうTV放送のホラーじゃワクワクしなくなってしまったのかと何だか寂しい気持ちになったよね。小さい頃は、心霊写真/動画特集番組を部屋中明るくして観ながら「いや絶対加工じゃん、作りもんじゃん」って怖さを誤魔化した特に意味の無い虚勢を張ってた。小さい頃の自分可愛い。

何が面白いのかいまだに分かってないけれど幽霊とかさ、呪いとかなんか興味あるよね。

 

興味ある?興味はあるが好きって訳でも無い感じ?

何方かと言うとおばけさんより人の方が恐ろしいんだぜ系な話が好きだったり、ほん怖を観て「コトリバコ」思い出したね。民話とか古い習慣に呪が絡んじゃうと一気にワクワク度がエスカレーターてかエレベーター。

エレベーターの怖い話も多いけれど、狭い密室って恐怖と魅力が合わさった特殊な空間だよなとか思うわけ。

 

急に、知らない狭い部屋に閉じ込められたら誰だってパニックじゃん(何故か所持品は没収されてるのが前提だ)

真っ白い壁と天井で窓も無い唯一ある扉には鍵が掛かっていますよと、そうなると脱出ゲームっぽいからウキウキしちゃうかもしれない。けどだ、脱出ゲームなら鍵のかかった作業テーブルに知るはずもない暗号のかかった金庫、訳の分からないオブジェがあるべきだ。そこに家具も何もないんじゃ鍵の探しようも無いし小難しい暗号やら仕掛けって誰がいつも準備してくれてるんですかね。閉じ込める側の苦悩って自分らが想像するより大変なのかもしれない、お疲れ様です。

…でだ、その部屋に何もなかった場合どうなる?瞬時にそこはパニックルームになるじゃん、だって怖いじゃん。監視カメラがあればあーそう言うことねって気取る事で正気を保てそうだけどそこには何もないんだよ。真っ白の中にポツンと自分1人、カラフルな格好をしてた場合ちょっと嬉しいかもしれない。白い囚人服みたいなやつだったらそれはそれで映画じゃん!!すげぇ!!ってテンション上がるかも。上がったけれどこの興奮を共有する手段が無い、はいパニック。

パニックルームって緊急避難場所って意味らしいけどそう考えると何故だか少し落ち着く言葉の不思議。同名の映画もある。観てないけど。

 

そういや、小さいお化け屋敷に行ったんだVRにヘッドフォンで体感するやつ。最新技術!!!すげぇ!!!

大量殺人が起きた電車に参加者は乗ってます的な内容。殺人事件の報道新聞とか被害者の状況やら細かい設定集が外の壁に貼られてんの、わくわく。

まだVRゴーグルとか未体験な自分、即並んだ、待ち時間無かった。その時点で察するべきだった。

せっまいテントにパイプ椅子が6個くらい並んでるのよ、超簡易的、隣には知らない女がゴーグル付けながらふぇぇ…ひぃっ…!とか言っちゃってて、その時点では自分期待とビビリでワクワクなんですよ。

係りの人がゴーグルの説明をしてる間周りの声が聞こえる、だって隣に座ってるんだもん近いもん。これ怖いですか?

自分もひぇっ…とか言っちゃったらどうしようって恥ずかしさが怖い感情より先に来るあたりやっぱり日本人なんだ。

ゴーグルとヘッドフォンつけてスタート

どこ向いてもゲームの世界、ゾクゾクした、小学生でも体験できるレベルのホラーだったからひぇっ…って言わずにすんで安心。まぁ、安かったし初体験で充分満足だったと思いたい。

ゴーグルとヘッドフォンしても係りが他の奴に説明してる声が聞こえて萎えたね、凄く、萎えた通り越して悲しかった。最新機器を使ったお化け屋敷でこんなにもサービスが悪いのかと。

ゴーグルの中視界は恐怖の電車ががたんごとんで血だらけの女が自分の足元を這いずり回ってるんだよ。なのに「…こちらのボタンを押すと音量が〜」だなんてさっきも聞いた説明が聞こえてきたらばーちゃるりありてぃのカケラもないじゃんかよ!!!もう!!!VR初体験返せよ!!!

お化け屋敷のクオリティは値段と比例するね、仕方ない。後日アトラクション名を検索掛けたらVRで見た映像がYouTubeに上がってた、なんだかかなしい。

 

ホラーは人の性だ。

怖い話には先人達が築いた型があって、ある程度それをなぞりスパイス足して尚且つ良い感じに落とせば創作怪談のはい出来上がり。かんたん!

……そう思ってた、難しい、非常に難しい。これ面白いのか?と疑心暗鬼になった挙句自信を失う、かなしい。

いつかゾッとする様な話を書いてやろうと意気込みたい、意気込みたいだけ。創作を1から出来るやつは凄いよ本当

創作じゃない場合はすっげえ怖いです。おばけとかやめてよ。

 

0から話は作れない訳で、やっぱりおばけって居るのかな死んでなお今も語り継がれている有名人達は幽霊界で優遇されるのか、はたまた悲しい事にハブられちゃうのか。

 

……ハブられたおばけさんが心霊現象起こしてんのか、そうか。

そう思うと少ししんみりと大変だったんだなぁお前ってな感じで親近感湧いちゃう。怖いに変わりは無いけれど、おばけこわい。

 

まだまだ夏だね。

 

 

 

 

 

 

ブログって楽しいか…?

前置きとして

自分はブログだなんて小洒落たモノほとんど読まないし詳しくない、ネットに素人が文章なんか載せちゃうの?ふーん…で?ってなるタイプ。

映画のレビューとかはたまに覗いてふーん、ほうほう、とか思うけれど。

だからこれがブログとして成り立ってるのか分からない、第一ブログって何だよ

Google検索によると「ウェブ サイトの一種。ホーム ページが簡単に作れるシステムで、日記公開や他からの意見の交流に使う。」なんだとさ、日記じゃん!!他者との交流なんて恐怖でしかないし結局日記じゃん!!超だいありー!!

 

 

ネットの知り合いになんともまぁ、訳の分からない方向(要するに残念な)博識でユーモアセンスの溢れるヤツがいる。

何処からその発想出てくるんですか?

酒で潰して本音を腑の如く引き摺り出してみたい。いや、そんなに興味無いや、盛り過ぎた。ごめん。

そいつは自分からすると考えた事も無いような・思いもよらない切り口から話題を作ってくる、「お茶」をテーマに1日中飽きの来ない話が出来るんじゃないかってレベルで、てか実際そんな事があった。

 

取り敢えず、自分はそいつの影響をバリバリに受けてしまっている訳で。

自分もブログ書きたい!!!楽しそう!!!とか適当に言っちゃって、調子に乗った、ノリノリ。気分は陸サーファー。

でも頭の悪いちんちくりんな自分は面白おかしく日々を綴ったり、気取って何かしらの作品に対する感想や考察・見解をまとめようだなんて事はしない、てか出来ない。

ただ、思ったことや感じたことをうだうだだらだらと文章にまとめて「あっ、自分ブログなんかやり始めちゃった」的な初々しい感情に浮かれちゃおうかなとか、でもやっぱり恥ずかしいなとか、後々見返して自分の文章力のなさを嘆く為お勉強の一つとして、とか。

ブログに対するモチベーションとやる気とワクワク感が初っ端から既に無い状態の役満、ポン、チー、はい、リーチ。

麻雀を知らずにアカギを読んじゃう様な奴にはブログなんか考える前に覚える事は沢山あるはずだね、うん。

役はまだ何となく分かるけど点数やら「鳴く」とか、もう慣れなんだろうかねわっかんないです。

 

取り敢えず、ブログ書くのって楽しいのか?が自分にとって問題で、今思ったけれどTwitterとかメモ帳に比べてなんだか気取った文になるねおもしろーい!やったー!すっごーーい!!

 

だいぶ前に一度思ったことがある。

「文章を書き、人目に晒すのは心の自慰なんじゃないか?」

改めて、そう思った。完全に自慰じゃん。これ。