似非ばいあす

深い意味があったりなかったり、少しあるようでやっぱり無かったり。

ブログって楽しいか…?

前置きとして

自分はブログだなんて小洒落たモノほとんど読まないし詳しくない、ネットに素人が文章なんか載せちゃうの?ふーん…で?ってなるタイプ。

映画のレビューとかはたまに覗いてふーん、ほうほう、とか思うけれど。

だからこれがブログとして成り立ってるのか分からない、第一ブログって何だよ

Google検索によると「ウェブ サイトの一種。ホーム ページが簡単に作れるシステムで、日記公開や他からの意見の交流に使う。」なんだとさ、日記じゃん!!他者との交流なんて恐怖でしかないし結局日記じゃん!!超だいありー!!

 

 

ネットの知り合いになんともまぁ、訳の分からない方向(要するに残念な)博識でユーモアセンスの溢れるヤツがいる。

何処からその発想出てくるんですか?

酒で潰して本音を腑の如く引き摺り出してみたい。いや、そんなに興味無いや、盛り過ぎた。ごめん。

そいつは自分からすると考えた事も無いような・思いもよらない切り口から話題を作ってくる、「お茶」をテーマに1日中飽きの来ない話が出来るんじゃないかってレベルで、てか実際そんな事があった。

 

取り敢えず、自分はそいつの影響をバリバリに受けてしまっている訳で。

自分もブログ書きたい!!!楽しそう!!!とか適当に言っちゃって、調子に乗った、ノリノリ。気分は陸サーファー。

でも頭の悪いちんちくりんな自分は面白おかしく日々を綴ったり、気取って何かしらの作品に対する感想や考察・見解をまとめようだなんて事はしない、てか出来ない。

ただ、思ったことや感じたことをうだうだだらだらと文章にまとめて「あっ、自分ブログなんかやり始めちゃった」的な初々しい感情に浮かれちゃおうかなとか、でもやっぱり恥ずかしいなとか、後々見返して自分の文章力のなさを嘆く為お勉強の一つとして、とか。

ブログに対するモチベーションとやる気とワクワク感が初っ端から既に無い状態の役満、ポン、チー、はい、リーチ。

麻雀を知らずにアカギを読んじゃう様な奴にはブログなんか考える前に覚える事は沢山あるはずだね、うん。

役はまだ何となく分かるけど点数やら「鳴く」とか、もう慣れなんだろうかねわっかんないです。

 

取り敢えず、ブログ書くのって楽しいのか?が自分にとって問題で、今思ったけれどTwitterとかメモ帳に比べてなんだか気取った文になるねおもしろーい!やったー!すっごーーい!!

 

だいぶ前に一度思ったことがある。

「文章を書き、人目に晒すのは心の自慰なんじゃないか?」

改めて、そう思った。完全に自慰じゃん。これ。